サンゴ飼育と観察の必需品!Flash Light発売!

2019年9月24日

サンゴ飼育とサンゴの楽しみの新たなマストアイテム、”Flash light”(フラッシュライト)がZOOXから新発売。

450nmの波長の光で、通常の照明ではわかりづらいサンゴの蛍光色、色揚がりのポテンシャル、サンゴの摂食活動などの消灯後の活動を確認できます。さらに照明の照射範囲の調整にも!



使い方はシンプル。
ボタン1つで、照明の強さ(100%,50%)、点滅、消灯の切り替えができます。
照射範囲も変えることができます。先端を伸ばすと広がり、縮めると狭くなります。

それでは、主な使い方を3つ紹介しましょう。

①サンゴの新たな魅力発見!鮮やかで美しい写真も撮れる

サンゴにFlashLightを当てるとサンゴの蛍光色がより美しく鮮やかに照らし出されます。
そのわけは、FlaschLightのサンゴの蛍光色がより際立つ波長自由自在に調整できる照射角度。水槽に設置される照明は上から照らしますが、FlaschLightは横から下から照らすことができ、サンゴの別の顔を楽しめます。

またコーラルレンズV2を併用すると美しく鮮やかな写真が簡単に撮影可能になります!

SNSに自分のサンゴをアップし、美しくアピールできる最高のコンビネーションです。
(*コーラルレンズV2の紹介ブログはこちら

②サンゴの摂食行動の観察に

サンゴは基本的に消灯後、膨らみ、触手を伸ばし、エサを食べます。FlaschLightを使えば、消灯後に市販のコーラルフードや冷凍エサを食べるサンゴを確認、観察でき、サンゴの状態管理に役立ちます。もちろん夜行性の魚の観察にも。コーラルフードはアメリカNo.1のコーラルフード・ブランド、ポリプラボのものを是非!

③サンゴや魚の寄生虫、病気の発見に

寄生生物が最も活発になるのは消灯後の時間帯です。しかし泳いでいる魚の体の状態をじっくり見ることは難しいものです。

FlashLightを使えば、消灯後、寝ている魚を驚かせず、また夜膨らむサンゴを照らすことができるので、通常の照明下では気づきにくい寄生虫や病気などの発見がしやすく、早期発見につながります。


④お店でのサンゴ選びのおともに

FlashLightは持ち運びに便利な全長9cmのポケットサイズ。これから飼育するサンゴをお店で選ぶ時に使えば、サンゴのポテンシャルを確認でき、安価なサンゴが実は…ということも。(店頭のサンゴを照らす際はお店に一言断ってからにしてくださいね)

ここで紹介した以外にも、工夫次第で様々な使い方ができます。例えば、FlaschLightを使うことで、照明がどの範囲を照らせば、水槽がより美しく見えるかシミュレーションができます。

Flash lightはこれからのサンゴ飼育の必需品、サンゴを照らし、コーラルアクアリウムの楽しさを広げてみてください。

製品のホームページはこちら