REEFLIVING

アクアで困ったらここへ!トラブル解決もアイディアも。

アクアリストのためのコミュニティサイト。

 mzreef
参加されている皆さんはじめまして。
昨年5月にREEFER425で夢のリーフタンクを立ち上げました。
10ヶ月目を迎え、ようやく水質も落ち着いてきてSPSの調子も上がり気分は上々でした。
そんな矢先、ブルーリーフクロミスが白点病にかかってしまいました。
原因はハッキリわかりませんが、水替えで底砂のデトリタスを抜くときに底砂が舞ってしまったことかなあと思います。
いつも舞わないように気をつけてプロホースで抜いているので、目視ではほんのわずかしか舞っていないのですが、今のところ、これ以外に原因は考えられませんので、今後はもっと注意深くしなきゃいけないなと思っています。サンプやカルシウムリアクターの中なども気にしなくてはいけないのかあとも考えています。

初体験の白点病を治すべく、いつもお世話になっている、アフリカの藤原さんに相談したところ、リーフセーフメディックを紹介してくれました。早速送ってもらって、水替え後から始めたほうがいいということでしたので、水替え後に投与を始めました。
今日で、6日目(12回)、その状況を皆さんに報告したいと思います。
あくまでも、うちの水槽に限ってのことになりますので参考程度で捉えていただけると幸いです。

投与2日目(4回目)から白点は全く見られなくなりました。
取説では最低でも10日間の投与が推奨されていますので続けていますが、魚の状態が日に日によくなるのが手に取るようにわかります。
エサも以前よりも沢山食べるようになりましたし、時折、体を激しく揺らして泳いでいた姿も今はなく、落ち着いています。
完全に水槽に無害。と書かれていますが、正直心配していたSPSなどへの悪影響は全く無く、SPSもLPSもポリプを咲かせていますし、pHもぶれていませんし、ORPにも異常な変化もありません。硝酸塩、リン酸塩については測定していませんが、ポリプの咲きを見れば、まったく悪影響はないことがわかります。
次の土曜日に水替えをして、リーフスペックカーボンを2、3日入れて、それを引き上げたら終了です。メディックの成分は活性炭で2~3日で除去できるそうです。もともとメディックが無害なので引き続き使用しても構わないけど、引き上げることを奨めるということでしたので、ちょっともったいない気がしますが、引き上げます。
あくまでもコンディショナーであり、薬ではないということです。安心して使えて、効果も確かにあるので、もし、再発した場合でも、気軽に使えるなあと思っています。リーフセーフメディックと長い付き合いはしたくはないですが、安心できる商品だと思います。

私はもともとSNSが嫌いで、インスタやフェスブックなどまったく興味ありませんが、海外にはR2Rをはじめたくさんの情報交換の場があって、困った時によく見るのですが、何せ英語が全くダメで、日本語訳にしても変な変換になってしまうので、ほぼ理解できない状態でした。日本にもこんな情報交換の場があるといいなあと常々思っていました。
今回、このREEFLIVINGには、誰も傷つけないで、お互いのリーフタンクでの出来事や心配事、解決方法、器具の使用感などの情報交換が出来たらいいなあと思い参加しました。今後ともよろしくお願いいたします。
   2020年6月29日(月) 22:33
アバター
ReefLivingにアクアリストが集まり、個々が持つ知識や経験を蓄積・共有できれば、初心者から上級者までアクアリウムの楽しさや成功をより味わうことができると思います。
海外のアクアリストたちがコミュニティサイトで情報交換をし、新しい知識を得てレベルアップしていくように、ReefLivingをお役立ていただければと思います。
   2020年7月14日(火) 16:46
引用して返信