REEFLIVING

アクアで困ったらここへ!トラブル解決もアイディアも。

アクアリストのためのコミュニティサイト。

アバター
お茶割 さんが書きました
2020年7月27日(月) 22:16
初めましてこんばんは。 せっかく参加した...
プロフィールが見られない件、システム上のエラーでした。修正いたしましたので、今は見られるようになったと思います。
ご迷惑おかけしました。ご報告ありがとうございます。
   2020年7月29日(水) 14:15
引用して返信
アバター
 mzreef
砂の問題は解決されましたか?
ホント、最初は些細なことにも迷ってしまいますよね。
僕も始めた当初は調べれば調べるだけ
迷ってしまってどうしていいか分からなくなっていました。

僕もサンゴも魚も沢山いれています。
そういう風にした場合、魚のふんや、食べ残しを処理するために
あるいは、水質を整えるために
水替えと砂の掃除は必ずしなくてはいけないメンテナンスです。

僕の場合は週に一度、バケツ2杯分の水替えをしています。
その際に、砂をプロホースという道具を使って
砂の中にパイプを突っ込んで、砂の中の汚れを取り出しています。
気持ちいいくらい汚れがとれます。
その作業をする時に、目が細い砂だったら水と一緒に
砂を吸い出してしまいますので
そうならないように、2-3㎜の粗目の砂を使っています。
(グローテックホワイトサンド2-3㎜)
また、あまり厚く敷いていると、ホースを突っ込むのが
少々きつくなりますので3-4㎝の厚さで敷いています。

アクアリウムにおいて水替えは一番大切な作業だと思っています。
その作業がしやすいのは、粗目の砂を薄く敷くことだと思います。
海外のアクアリウムも厚く敷いている水槽はあまり見かけませんね。

水替えの後は、バクテリアを投与します。
バクテリアは色んな所に定着していきますが
しっかり定着するには1年以上かかると言われています。
実際、僕も1年経つ頃から、水の透明度が増して
水質が安定し、ミドリイシが白化しなくなりました。
生き物とは長い付き合いになりますので
メンテナンスをしやすいようにという視点から
考えて、砂を選んでみるのもいいかと思います。
頑張ってください。
   2020年7月28日(火) 16:53
引用して返信
アバター
初めましてこんばんは。
せっかく参加したのでコメントしただけです、コメ見るだけで勘弁してください(笑)。
何をどういったシステムで廻したいかによると思います。
ミドリイシ中心だとそれだけで話が変わっていくと思いますので。
その他だとウェットかベルリンかで変わりますので‥と言うか水槽サイズでも変わります。飼育歴でもアドバイスしていいかどうかも‥
チョウチョウウオ入れてるだけで替わりますし‥
ここのサイト、細かいプロフィール見れなくないですか?
私も設定したのですが、自分では見れません。みんなは自分のプロフ見れてるのかな?とか‥
   2020年7月27日(月) 22:16
引用して返信
アバター
好みもあるかと思います。私は白い砂が敷いてあった方が明るい雰囲気になって好きです!
   2020年7月27日(月) 18:34
引用して返信
アバター
反硝化エリアをつくりたいなら、粗目の砂だと4-5㎝くらい、細目の砂だと2-3㎝は必要と思います。
   2020年7月27日(月) 12:36
引用して返信
 たし
サンゴを飼育するならマメカルシウムサンドを厚く敷くのをおすすめしますよ。
   2020年7月23日(木) 12:43
引用して返信
アバター
好気や嫌気のバクテリアの作用等や
飼育する目的のスタイル。
飼育する人それぞれのやり方や目的

様々な内容によって薄い方がいいのか?厚い方が良いのか?粒のサイズは?など変わってきてしまいます。
詳しく説明しようとすると非常に長くなってしまいますし、必要な知識もちょっと多岐にわたってしまいます。
一概にどちらの方が良いとは言い切れませんが、そのあたりよくわからない場合、とりあえずサンゴ水槽なら5-6cm敷くのが良いかなと思います。
魚専用水槽なら砂が必ず必要な魚を飼育するわけでは無いならベアタンクで良いと思います。
   2020年7月22日(水) 23:45
引用して返信
アバター
厚めも薄目もそれぞれメリットとデメリットがあります。サンゴ入れるなら、硝酸塩対策として砂はあった方が楽だと思います。
ライブロックをしっかり入れるなら、砂はなくても反硝化できますが。
   2020年7月22日(水) 17:09
引用して返信
アバター
最近のトレンドは割と薄敷かな(^^)
   2020年7月22日(水) 14:32
引用して返信